★2020/5/27★

皆さんこんにちは(^^♪

先日、緊急事態宣言が解除されましたね!

色々な制限も緩和され、徐々に日常生活に戻りつつあるかと思います

(*^-^*)

第二波が来ない事を願いながら、楽しい夏を迎えられたら良いですね♪

 

それでは今日のお話は歯間ブラシについてです!

皆さん毎日歯磨きされていると思いますが、実は歯ブラシだけでは綺麗に汚れが取れていないのです!!!

どんなに注意して磨いても歯と歯の隙間の汚れを取るのは歯ブラシだけでは難しいものです。

そこで使っていただきたいのが『歯間ブラシ』です!

食べ物が詰まった時、爪楊枝でとっている人は多いと思います。

わざわざ歯間ブラシを使うのは面倒くさいと思う方もいらっしゃると思います。

しかし、歯間ブラシを使うのは、歯だけではなく、歯周病の予防にとても効果があるんです!

その効果とは、、、、、

 

 1、歯ブラシでは取れない歯垢が取れる

歯ブラシだけだと、約61%しか歯垢が落とせていないのです!

歯間ブラシを使うことで約85%の歯垢を落とせるようになります‼️

​ 2、根元の虫歯を予防することができる

歯茎が下がってくると歯の根元の部分が見えてきます。

この部分は象牙質と言って歯の表面に出ているエナメル質より、3倍虫歯になりやすいところなんです‼️

歯間ブラシは根元部分までブラシが通るので、虫歯予防には大切なのです‼️

 3、口臭をチェックすることができる

歯間ブラシを歯と歯の隙間に通した後、気持ち悪いと思いますが一度臭いを嗅いでみてください。

歯と歯の間に溜まった歯垢は口臭の原因になります。

 

デンタルフロスと歯間ブラシどちらがいい?

歯周病や加齢によって、歯肉が下がってくると、歯と歯の間に隙間が出来てきます。

隙間が開けばそれだけ歯垢もついてきます。

フロスで両サイドの根元から歯垢を掻き上げるのが、苦手な方は、歯間ブラシをつかって、磨いた方が効果的に歯垢を取り覗くことができると思います。

 

ブリッジが入っている方

歯を抜いたとき、前後の歯を使って歯を、繋げる方法です。

歯が繋がっているため、上からではフロスを通すことができません。

そのため、歯間ブラシをつかって根元を磨くことでブリッジの下を掃除することができます!

もし使用方法が分からなければスタッフへお声がけください(*'▽')

 

 

緊急事態宣言がめでたく解除されましたが、こころ歯科クリニックでは引き続き入り口、ドア及び診療室ドアの開放と患者様の予約を半分以内にさせて頂きます。

また受診される患者様にはマスクの装着やうがい、手洗いの励行をお願いしております。お車でご来院の患者様に関しましては車内でお待ちいただくことをお願いたしております。 

十分な消毒や滅菌などの感染症対策(スタッフの検温、味覚嗅覚チェック等)も施行して行きます。

 

患者様には今しばらくご迷惑をおかけすることになりますが、ご協力感謝致します。

なお、諸事情により来院出来ない患者様でお口の中に不安や気がかりな事がある方はお気軽にお電話でご相談下さい。可能な範囲で対処させて頂きます。

 

 

こころ歯科クリニックの診療予約はこちらから

page top