• ホーム >
  • お口の健康をキープしたい~予防歯科のすすめ~

お口の健康をキープするために「予防」を考えましょう

お口の健康をキープするために「予防」を考えましょう

誰もが虫歯歯周病になりたくないと思っているのにもかかわらず、再発をくり返し、歯を失ってしまう方が多く存在します。その理由は、虫歯菌や歯周病菌が棲みつくプラーク(歯垢)や歯石を、きちんと落とせていないからだといえます。お口の健康を維持するためには、ご自宅でのブラッシングだけではケアが足りていないのです。

座間市の歯医者「こころ歯科クリニック」では、セルフケアに加え、定期検診にお越しいただくことをおすすめしています。定期検診では専門的なクリーニングを行い、ブラッシングでは落とせていない汚れを取り除いたり、予防処置を行ったりすることも可能です。お口の中の変化をできるだけ早く見つけてすぐに対処するためにも、定期検診に通う習慣を身につけませんか?

予防の効果について

【Merit1:虫歯・歯周病予防】 【Merit2:早期発見・早期治療】 【Merit3:負担の軽減】

定期的にお口の中のチェックや専門的なクリーニングを受けることで、虫歯や歯周病の発症を防ぎます。

何らかの変化も早期に見つけられるため、治療を簡単に済ませることができます。

治療が簡単になることで、治療時の痛みはもちろん、期間や費用といった負担も軽減することができます。

定期検診が大切です

定期検診が大切です

内科や外科は、「風邪をひいたら」「ケガをしたら」行くのが当たり前です。しかし歯科については、同様ではありません。なぜなら、たとえば一度虫歯になったら、歯は削るしかなく、元に戻すことができないからです。治療をくり返せば、歯はダメージを受け続けていずれ失ってしまうことになるでしょう。

つまり歯を守るには、「悪いところができたら」ではなく、「悪くならないように」定期検診に通うことが大切になのです。

日々のブラッシングでプラークコントロールを

日々のブラッシングでプラークコントロールを

「プラークコントロール」とは、虫歯菌や歯周病菌の棲みかとなるプラーク(歯石)をしっかり管理して取り除き、虫歯や歯周病を予防することをいいます。そしてプラークコントロールの基本となるのが、日々のブラッシングです。

しかし、残念ながらブラッシングだけではすべてのプラークを落とすことはできません。そこで、定期的に歯科医院で専門的なクリーニングを受け、徹底的に取り除くことが必要になるのです。

「日々のブラッシング」というセルフケアと、「定期検診」というプロケアの両立によって、効果的なプラークコントロールを実現しましょう。

治療を中断するリスクについて

治療を中断するリスクについて

歯科治療では症状や治療内容によって、どうしても治療回数が多くなるケースがあります。そのために、なかには治療を中断してしまう患者様がおられます。しかし、治療の中断には大きなリスクがあるのです。

こちらでは、治療を中断しやすいタイミングと中断するリスクをご紹介します。治療の中断には、よいことはありません。最後まできちんと受けるようにしましょう。

治療中断のタイミング1:仮歯になったとき

治療の過程で仮歯が入ると、ある程度咬めることで治療を中断してしまう方がいます。しかし、仮歯は文字通り「仮」の「歯」。長期的に使えるようにつくられていません。また取り外すことを前提として装着しているためすき間もあり、細菌が侵入しやすいのです。

そのために虫歯が再発したり、咬み合わせを乱してまわりの歯に悪影響を及ぼしたりする可能性もあるなど、大きなリスクを背負ってしまうのです。

治療中断のタイミング2:抜歯したとき

抜歯をして痛みがなくなると、奥歯などで目立たないからといって、そのままにしてしまう方がいます。しかし歯とは、すべてそろってバランスがとれているものであり、1本でも失うと、空いたスペースに隣り合う歯が傾いてきたり、咬み合う歯が伸びてきたりするなどして、歯並びや咬み合わせを乱してしまうのです。

歯を失ったら放置してはいけません。できるだけ早く、インプラント入れ歯ブリッジなど適切な治療によって、咬む機能を回復させましょう。

こころ歯科クリニックの
予防歯科はこちらから

お母さんと子供の歯科治療について

こころ歯科クリニックの診療予約はこちらから

page top