• ホーム >
  • 歯を失った~インプラント・義歯~

歯を失って放置するリスク~インプラントのすすめ~

歯を失って放置するリスク~インプラントのすすめ~

歯を失ってしまっても奥歯などで見えない場合、そのまま放置している方がおられます。しかし「歯を失う」ということは、見た目だけの問題ではありません。歯がなくなりスペースができることで、歯並びや咬み合わせが乱れ、虫歯歯周病を招くなどお口の健康を脅かすリスクが生まれるのです。

歯を失ったら、できるだけ早く適切な治療を受け、お口の機能を回復させることが大切です。座間市の歯医者「こころ歯科クリニック」では、インプラント治療をおすすめしています。インプラント治療については、お気軽に当院までご相談ください。

自分の歯のように咬めるインプラント

自分の歯のように咬めるインプラント

歯を失ってしまった方、次の項目の中に当てはまるものはありますか?

  • 自分の歯のように咬めるようになりたい
  • 残っている歯に負担をかけずに治療をしたい
  • ほかの人に治療したことを気づかれたくない
  • 今使っている入れ歯に不満がある
  • 歯を失い、どんな治療をしたらいいのかわからない

この中に該当するものがある場合には、インプラント治療がおすすめです。

インプラント治療とは、歯を失った部分の顎の骨に、人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せることで、自然な咬み心地と見た目を回復させる治療です。インプラントは顎の骨にきっちりと結合するため、入れ歯のようにズレたり外れたりすることがなく、まるで自分の歯のように咬めるようになります。

上部の人工歯はセラミックでつくられるため、まわりの歯に合わせた自然な白さと透明感を再現。また部分入れ歯のバネのように、まわりの健康な歯に負担をかけることがないなど、メリットの多い治療法として大きな注目を集めています。

インプラントのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 自分の歯と変わらない咬み心地と見た目を手に入れられる
  • 今までどおり食事を楽しめる
  • 長期的に安定した咬み合わせを維持できる
  • まわりの健康な歯に負担をかけない
  • 咬む力が顎の骨に伝わり、歯ぐきがやせるのを防ぐ
  • 自費診療となり、比較的高額になる
  • 外科手術が必要
  • 治療期間が長くかかる
  • 重度の歯周病である場合などには、治療できないケースもある

当院のインプラント治療

当院のインプラント治療

当院では、次のような高度なインプラント治療にも対応しています。

抜歯即時埋入

抜歯即時埋入

一般的なインプラント治療では、抜歯した後、傷口が治癒するまで一定期間をおき、その後インプラントを埋め込む手術を行います。そのため手術が2回必要になり、治療期間も長くかかってしまいます。

しかしこの「抜歯即時埋入」では、文字通り抜歯してすぐにインプラントを埋め込むため、手術が1回で済み、治療期間を大幅に短縮。患者様の負担を軽減することができるのです。

顎の骨量が不足している場合には、適用できないケースもありますが、「被せものをしていた歯根が折れてしまった」「これから抜歯を控えている」という方は、一度検討してみることをおすすめします。

骨再生療法~ソケットリフト~

インプラント治療は、顎の骨の幅・高さが一定以上ない場合には行えません。そこで当院では、顎の骨量を十分に確保するために、「ソケットリフト」という治療を行っています。ソケットリフトとは、インプラントを埋め込むための穴から自家骨や人工骨などを入れて骨の厚みや高さを確保し、インプラント治療を可能にする処置です。

他院で「骨が不足しているため、インプラント治療はできない」といわれてしまった方も、この治療で可能にできるかもしれません。一度当院までご相談ください。

STEP1 STEP2 STEP3
骨再生療法~ソケットリフト~ 骨再生療法~ソケットリフト~ 骨再生療法~ソケットリフト~

入れ歯・ブリッジという選択肢

入れ歯・ブリッジという選択肢

失った歯の機能を回復させる治療には、インプラント以外にも「入れ歯」「ブリッジ」もあります。座間市の歯医者「こころ歯科クリニック」では、一人ひとりのお口の状態やご希望をふまえたうえで適した治療をご提案します。どうぞお気軽にご相談ください。

ブリッジ~連なった人工歯の橋をかける~

ブリッジ~連なった人工歯の橋をかける~

ブリッジとは1~2本といった少数の歯を失った場合に、残っている両隣の歯を削って支えにし、連なった人工歯を橋のように架ける治療です。保険が適用でき、しっかり固定されるために咬み心地がよく、見た目も自然な点がメリットです。

しかし、健康な歯を削らなくてはならず、その歯の寿命を縮めてしまうというデメリットもあります。

入れ歯~古くから親しまれている治療~

入れ歯~古くから親しまれている治療~

入れ歯は古くから親しまれている治療法。失った歯の本数に合わせて部分入れ歯か総入れ歯を作製します。インプラント治療と比較して、外科手術が不要で治療期間が短くて済み、また保険が適用できるなどのメリットがありますが、「咬みにくい」「外れやすい」「ズレると痛い」などといったデメリットもあるのが事実です。

当院では、保険・自費を問わず、一人ひとりの患者様とじっくりご相談を重ねたうえで、よりよい入れ歯をご提案します。入れ歯のお悩みは、どうぞ当院までご相談ください。

保険と自費の入れ歯の違い
  保険入れ歯 自費入れ歯
イメージ 保険と自費の入れ歯の違い 保険と自費の入れ歯の違い
素材 床の素材はレジン(歯科用プラスチック)のみにかぎられる。 床には金属やシリコンなど、さまざまな素材から選べる。
使い心地 床に厚みがあるため装着時に違和感があり、食べものの温度も伝えにくい。 金属の床は薄くできるため軽く、装着時の違和感も少ない。また金属は熱伝導率が高いため、食事の温度も感じやすい。
見た目 入れ歯だとわかりやすい。 自然な見た目を追求できる。
製作期間 約1ヶ月で製作できる。 使用する素材や様式によって、長くかかることもある。
修理への対応 短期間で修理できる。 修理自体ができないものもある。
費用 保険が適用されるため、抑えられる。 自費診療となるため、比較的高額になる。
取り扱い入れ歯紹介
●レジン床義歯
レジン床義歯 保険適用の入れ歯です。床の素材はレジンにかぎられ、厚みがあります。
メリット
  • 費用を抑えられる
  • さまざまな症例に対応できる
  • 修理や調整がしやすい
デメリット
  • 装着時に違和感があり、咬みにくい
  • 食べものの温度を伝えにくい
  • 壊れやすい
●ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー 金属のバネ(クラスプ)のない部分入れ歯です。歯ぐき部分は、吸着性のある樹脂でつくられています。
メリット
  • 自然な見た目に仕上がる
  • 軽く薄くつくれる
  • まわりの歯に負担をかけない
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 熱に弱く、汚れがつきやすい
  • 修理できないことが多い
  • 自費診療のため、比較的高額になる
●シリコンデンチャー
シリコンデンチャー 歯ぐきにあたる部分にシリコンを用いた入れ歯です。歯ぐきへの衝撃をシリコンが吸収し、装着時の痛みを軽減します。
メリット
  • フィット感がよい
  • 痛みが軽減される
  • 外れにくい
デメリット
  • 修理しにくい
  • 自費診療のため、比較的高額になる
●金属床義歯
金属床義歯 床部分に金属を使用した入れ歯です。金属は強度が高いため薄くつくれ、軽い仕上がりになります。
メリット
  • さまざまな症例に対応できる
  • 食べものの温度を伝えやすい
  • 丈夫で壊れにくい
  • 汚れがつきにくい
デメリット
  • 壊れにくいが修理もしにくい
  • 金属アレルギーの方は使用できない
  • 自費診療のため、比較的高額になる

お母さんと子供の歯科治療について

こころ歯科クリニックの診療予約はこちらから

page top