★2018/11/1★

皆さんこんにちは(^_^)良いお天気が続いていますね(^o^)

今日から11月(-_-)!!!!!!!

今年も残り2ヶ月となりました(>_<)1年って…あっという間に過ぎますね(^_^;)

 

今日は抜歯した後の治療法についてお話ししょう(^o^)

無くなった部分を補う治療が必要となります!

ブリッジ 義歯 インプラントの三つの治療法があります。

ブリッジ。。。歯を抜いた後に、その両端の歯を土台にして橋(ブリッジ)を架ける様に金属などで繋ぐ治療法です。

抜いた部分に歯と同じような形をつくり、抜く前と同じような噛み合わせや、かたちを取り戻す事ができます。

義歯。。。クラスプと呼ばれる金属(バネ)を、残っている歯の部分に引っかけて取り外しができるものです。

インプラント。。。失ってしまった自分の歯の代わりに人工歯根を、顎の骨に埋め込み、その上に冠を制作して噛み合わせを回復する治療法です。

 

もし、抜歯した後に治療せず、そのままにしていたらどうなるのか。。。。

抜歯したまま放置したいると、抜いた隣の歯が横に倒れたり、抜いた歯の対顎の歯が噛み合わせが無いために浮いてきてしまいます(>_<)

そのようになってしまった歯はしみたり虫歯になりやすかったりします!

そのようにならない為に抜いた歯を補う治療をできるだけ早く行う必要があります!


無くなった歯を補う治療はお日にちを要する治療です(>_<)

12月のご来院ですと…年末年始…歯がない状態で過ごす可能性が大変高くなります(T_T)

早めの検診、口内のクリーニングにご来院下さい(^o^)

スタッフ一同お待ちして下ります!!

 

 

こころ歯科クリニックの診療予約はこちらから

page top