神経ぎりぎり

こんばんは(。v。)♪

まだまだお天気安定しませんね。

外は暑くて中はクーラーで寒くて温度差が激しく

体調崩しやすい時期でもあるので皆様お気をつけ下さいね!

 

今日は虫歯を治療した後のお話をしますね
神経ぎりぎりの虫歯です(@_@!)


神経の近くまで進行してしまった虫歯を治療する際は、まず麻酔をします。

麻酔をしないととっても痛いです。。

虫歯になっている部分を削り、
最後に歯の中に直接痛み止めとなる薬を入れ、
その上から歯と同じように見えるように樹脂を塗ってかためます。

これで一度治療は終わりになります。

ですが、これで終わりではありません。


麻酔が切れる時間は人によって多少異なりますが、
一般的に2時間くらいです。

神経の近くまで削った虫歯はほとんどの方が
麻酔が切れたあと、水がしみたり痛みがでます。

一度、様子を見て下さい。

そのまま徐々に痛みが治まっていけば大丈夫です。

しみるのが続く場合は、その度合いによって異なりますが痛みを抑える処置を行います。

様子を見てみても収まらず、ズキズキとした激しい痛みが続く場合は、
神経をとる処置になることもあります。

どんなに深く削っても痛みのでない人も居れば、
少ししか削ってなくても痛みがでてしまう方も居ます。

なので、治療後に激しい痛みがでた際はお電話してくださいね(;’△`)

 

では、また来週お会いしましょう(’3`)

 

こころ歯科クリニックの診療予約はこちらから

page top